紛失や盗難のリスクを回避

イメージ画像

役所に印鑑登録するのが「実印」、金融機関で通帳などを作る際に届け出るのが「銀行印」、
登録や届出などをしていないのものは「認印」と呼ばれています。
一般的に印鑑は、「実印」が大きく、「銀行印」が中くらい、
「認印」が直径が小さいものが使用されています。

しかし本来は、「認印」ほどの小ささであっても、役所に印鑑登録すれば、
それが「実印」となりますし、銀行に届け出ればそれが「銀行印」にもなってしまいます。
「なーんだ。
それなら一本でいいじゃないか。
お金もかかるし、三つもいらないだろう」と、実際にそういういる人もいるかもしれませんが、
これはあまり推奨できない方法です。
万一、三つの印鑑を兼ねているその印鑑が盗難に遭ったとしたら、どうでしょう。
役所に印鑑登録している分も、銀行に届け出た分も改印をしなければなりません。
このとき、「実印」と「銀行印」に分けていれば、盗難被害は一本で済んだかもしれないのです。

また、「認印」として使っていた場合、色々な方面で捺印をすることから、
パソコンなどに取り込まれ、印鑑を偽造されてしまう危険性があります。
「実印」と「銀行印」と「認印」は違う物を購入し、さらには通帳を含め、
全て別々の場所に保管しておくことが理想的。
そうすることで、犯罪被害のリスクを低く抑えることが、
「実印」と「銀行印」と「認印」を分けて持つメリットです。
印鑑が3種類に分かれているのも、けっして無駄なことではありません。

〔オススメ商品のご紹介〕
人気の本牛革の印鑑ケースが、パステルカラーで登場!
素材はそのまま、6種類のカラーバリエーションから選べるようになりました。
丈夫で長持ちなのであなたの大切な印鑑を守り続けます。
はんこをかわいいものにしたら、ケースも中身に合ったものに変えてみませんか?

このページの先頭へ