使われ方の違い

イメージ画像

印鑑とシャチハタの使われ方の違いには、二つの性能の違いがあります。
つまり印鑑とシャチハタは、それぞれが、どういう目的で作られているかということです。

シャチハタは、いわゆるネーム印のスタンプです。シャチハタは、朱肉・スタンプ台を使わなくても、インクがスタンプについて、続けて捺印をすることができるように、というコンセプトのもとで開発されています。つまり、より印鑑を便利に効率よく使おう、という発想こそが、シャチハタをこの世に誕生させたきっかけなのです。

しかし、インクをスタンプに浸通すために、摩減・ゴムのすり減りが激しい・形が変形してしまいやすいゴム印を使用せざるを得ません。そのために、捺印された印影を、長年にわたって長期的に保存できる重要な書類向きの商品ではないのです。また、大量生産のしやすいゴム製品で作られているゴム印がシャチハタで使われているために、シャチハタは偽造される可能性も高いとされています。
そういう意味では、印鑑に多く使われている、丈夫で高品質な象牙・黒水牛などは、他のどこにも無いような、出来るだけオリジナルデザイン、または手彫り・手作りの印鑑が作られている分、シャチハタよりも圧倒的に偽造される可能性は低いのです。

そういうわけで、印鑑は個人の証明として役所に印鑑登録しやすい、というメリットがあります。
しかし、もし実印をオフィス作業など、連続して使う作業に使ったら、どうなるでしょうか。
おそらく、印鑑の縁・印字が、シャチハタよりも早く欠けてしまうでしょう。

このページの先頭へ